トナカイクラブ.com

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

トナカイクラブ~ボードゲームの管理人~

ボードゲーム、パーティゲーム・漫画・小説のおすすめを紹介します!

小説

恋愛に悩む大人におすすめしたい、愛しさと切なさ全開の大人が読むべき名作恋愛小説【恋愛小説第1弾】

みなさん、素敵な恋してますか? 今現在、恋愛中の人は、素敵な人との時間を大切に。 そして今、恋愛していない人は、片思い中の人も、そうでない人も、より良い出会いが必ずあることを信じて、来るべきときに備えましょう。 チャンスは、誰にでも必ず訪れま…

疲れた心に響く、癒し系の感動小説ベスト10~心に響く名作小説~

疲れた心に、そっと寄り添う。 そんな癒しと安らぎを与えてくれるおすすめの書籍を紹介します!! 日々の多忙な生活の中で、心のオアシスを求める人は多いのではないでしょうか? 小説の世界では、さまざまな世界が広がり、私たちにまだ見ぬ素敵な世界を見せ…

アメトーク読書芸人が今年読んだおすすめ小説・パート5【読書芸人大賞発表】

アメトーク読書芸人がおすすめする小説・パート5【読書芸人大賞発表】 今回は、2016年11月10日放送のアメトークにて 発表された「読書芸人大賞」を発表します! 読書芸人企画について・・・ 今回の出演は、お笑い芸人であり『火花』で芥川賞受賞し…

アメトーク読書芸人が今年読んだおすすめ小説・パート4【読書芸人企画】

アメトーク読書芸人がおすすめする小説・パート4【読書芸人企画】 今回は、2016年11月10日放送のアメトークにて 紹介されたおすすめ小説をご紹介します。 読書芸人企画について・・・ 今回の出演は、お笑い芸人であり『火花』で芥川賞受賞した、今…

アメトーク読書芸人が今年読んだおすすめ小説・パート3【読書芸人企画】

アメトーク読書芸人がおすすめする小説・パート3【読書芸人企画】 今回は、2016年11月10日放送のアメトークにて 紹介されたおすすめ小説をご紹介します。 読書芸人企画について・・・ 今回の出演は、お笑い芸人であり『火花』で芥川賞受賞した、今…

アメトーク読書芸人が今年読んだおすすめ小説・パート2【読書芸人企画】

アメトーク読書芸人がおすすめする小説・パート2【読書芸人企画】 今回は、2016年11月10日放送のアメトークにて 紹介されたおすすめ小説をご紹介します。 読書芸人企画について・・・ 今回の出演は、お笑い芸人であり『火花』で芥川賞受賞した、今…

アメトーク読書芸人が今年読んだおすすめ小説・パート1【読書芸人企画】

アメトーク読書芸人がおすすめする小説【読書芸人企画】 今回は、2016年11月10日放送のアメトークにて 紹介されたおすすめ小説をご紹介します。 読書芸人企画について・・・ 今回の出演は、お笑い芸人であり『火花』で芥川賞受賞した、今話題のピー…

湊かなえの人気作おすすめ10選【ミステリー作家特集第1弾!】

国内ミステリー作家特集第1弾「湊かなえ特集!」 ミステリー小説で不動の地位を築いたイヤミスの女王こと 湊かなえのおすすめ10作品を紹介します。 みなさん、ミステリー小説はお好きですか? かくいう私は、大のミステリーファンで、学生時代は時間があ…

ビジネス書2016年話題の新刊まとめ【おすすめビジネス本・自己啓発本・厳選5選】

2016年ビジネス新書まとめ【おすすめビジネス書・BEST5】 自分の人生は、今どこに向かっているのでしょう? そんな果てしない疑問に答えてくれる人は、なかなかいないと思います。ですが、その道しるべを示してくれる方法はあります。 それこそ、ビジネ…

2016年上半期文庫本売上ランキングBEST10【2016文庫本人気ランキングまとめ】

~2016年上半期文庫本・売上ランキングBEST10まとめ~ 今年も10月に入り、さまざまなニュースや出来事がありました。経済面では、世界同時株安やマイナス金利、芸能ニュースでは大物アイドルグループSMAPの解散騒動、センテンススプリングなどいろんな出…

純文学・芥川賞のすすめ~初心者おすすめ編~【コンビニ人間・火花もkindleで読める!芥川賞作品・厳選10選】

読書初心者にもおすすめの純文学・芥川賞受賞作品まとめ【kindleでも読める厳選10選】 太陽の日照時間も少しずつ短くなってきて、朝晩の冷え込みもだんだん厳しくなってきましたが、秋といえば皆さんは何をイメージされますか? 食欲の秋、行楽の秋、スポ…

初心者にもおすすめの推理小説・厳選7選。君にこの謎が解けるか?【ミステリー小説まとめ】

【推理小説】【ミステリー】 初心者にもおすすめの 名作7作品を紹介します。 今回は、小説の中でも特に人気の高い 国内作家の 推理小説【ミステリー】 のおすすめ作品を紹介します。 推理小説は、作家と読者との知恵比べとも いうべき面白さがありますが、 …