トナカイクラブ.com

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

トナカイクラブ~ボードゲームの管理人~

ボードゲーム、パーティゲーム・漫画・小説のおすすめを紹介します!

おすすめ短編漫画・思わず感涙する厳選漫画10選【一巻完結漫画編】

漫画

名作・一巻完結

おすすめ漫画まとめ

 

現代人には時間がない!!

哲学的な始まりかたですが、ほんとに今の世の中、バタバタと忙しい毎日ですよね。でも、そんなときだからこそ、ちょっとした時間で読める、何か面白い漫画読みたいなって、思うときってありますよね。

 

そんなあなたの為に、

今回は、

一巻で完結する

おすすめ漫画

厳選10作品を

まとめてご紹介します。

 

 

一巻で完結するおすすめ漫画・まとめ

1.スキエンティア(全1巻)/戸田誠二  (著)

 

f:id:tonakaikun:20160924140249j:plain

画像出典:Amazon.co.jp

 

あらすじ

 街がある。その街には、「スキエンティア(科学の女神)」と呼ばれる像が掲げられた超高層タワーが立っている。ひときわ高く、あたかも人々の営みを見つめるように。

 

禁断×最新科学=

涙溢れるヒューマンSF

 

自殺願望のある女が、車椅子の老婆に身体をレンタルする

『ボディレンタル』

飲ませた相手に必ず惚れられるクスリ

『媚薬』

愛が見えると噂のドラッグを女子高生が求める

『ドラッグ』

ほか、全7編を収録。

 

おすすめポイント

 そのストーリー設定のアイディアと、深い人物描写。思いもかけないストーリーに、涙を禁じえません!!

 この作品で著者を知りましたが、その物語のすばらしさに感動しまくりです。

 心が疲れた時に、そっと寄り添ってくれるような、そんな優しい漫画です。

 読み終えた後に、誰かに優しくしたいなって思える、そんな素敵な作品です。連作短編なので読みやすいので、気軽に手に取れるおすすめ作品です。

 

 

2.アンダーカレント/豊田 徹也  (著)

f:id:tonakaikun:20160924142044j:plain

画像出典:Amazon.co.jp

 

あらすじ

 ほんとうはすべて知っていた。心の底流(undercurrent)が導く結末を。

 夫が失踪し、家業の銭湯も手につかず、途方に暮れる女。やがて銭湯を再開した女を、目立たず語らずひっそりと支える男。穏やかな日々の底で悲劇と喜劇が交差し、出会って離れる人間の、充実感と喪失感が深く流れる。

 映画一本よりなお深い、至福の漫画体験を約束します。

 

物語演出映画

=アンダーカレント

 

おすすめポイント

 これはもはや映画作品です!!その描写力と物語の展開の巧さは絶妙で、何度も読んでも素晴らしさに感動します!!

 読後感は、一本の映画作品を見終えた後の、何とも言えない満足感と安堵感があります。著者は、かなりの遅筆家ですが、その分クオリティの高さは圧巻です!

 10年でわずか3巻のペースだけに、この作品も大変貴重な作品だといえます。ずっとずっと手元に置いておきたい。心からそう思える名作です。

 

3.外天楼/石黒 正数  (著) 

f:id:tonakaikun:20160924143314j:plain

画像出典:Amazon.co.jp

 

あらすじ

 外天楼と呼ばれる建物にまつわるヘンな人々。エロ本を探す少年がいて、宇宙刑事がいて、ロボットがいて、殺人事件が起こって……? 謎を秘めた姉弟を追い、刑事・桜庭冴子は自分勝手な捜査を開始する。“迷”推理が解き明かすのは、外天楼に隠された驚愕の真実……!?

 

不思議ギャグミステリー

石黒正数が放つ短編連作の極み

 

おすすめポイント

 一話一話が短くて面白い、ただのギャグマンガと思いきや・・・。

 石黒正数の代表作は「それでも町は廻っている」「木曜日のフルット」など、ほのぼの系漫画。今作も基本的には同じギャグ系なのですが、その根底に流れるテーマは全く違うものです。

 とりあえずこの漫画を貸した友人は、みな絶賛の嵐。伏線、プロット、キャラクター、それらすべてが外天楼という物語をまとめ上げる為の一役を担っています。

 くだらない話が積み重なり、ひとつの大きな一枚絵に仕上がっていく時の感覚は、映画パルプフィクションを観た時の感動に近い。個人的に、めちゃめちゃおすすめです。前情報なしで、すぐに読んでほしい。ほんとに名作です。

 

4.ストロボライト/青山 景  (著) 

f:id:tonakaikun:20160924144433j:plain

画像出典:Amazon.co.jp

 

あらすじ

 君が好きになったのは、本当に<私>?

 夜行列車で'過去'を書き続ける小説家・浜崎正。大学時代に出会った<町田ミカ>は、映画のヒロイン・桐島すみれにそっくりで……。現実なのか、夢なのか。交錯する過去と現在・夜行列車が向かうのは、どんな未来か。

 

恋愛未来

=ストロボライト

 

おすすめポイント

 青春の淡く苦い思い出。その一場面を切り取って描く巧さと、映像的な表現方法。

 本作は、名作映画のような独特の作りの、不思議な漫画作品です。過去が未来に影響を与える。その卓越したセンスに圧巻です!!

 表紙の女の子にビビットきた方は、ぜひ一読をおすすめします。二度三度読みたくなる、名作漫画です。一巻完結でここまでやれるとは・・・。漫画の無限の可能性を感じられる作品です。おすすめです!!

 

5.東京発異世界行き/大武政夫(著) 

f:id:tonakaikun:20160924162525j:plain

 画像出典:Amazon.co.jp

 

あらすじ

 デビュー作『こまきまき』から、新作『三田村桜子(仮)の一生』まで、まだ見ぬ"笑い"を求める旅の道程が一冊に! 独特の間と語り口、ひと工夫ある構成、ツッコミの冴えがクセになる全9作品。ボーナストラックとして叙情に満ちた『青信号までの時間』を収録。

 

ギャグシュール

=独特のセンスが光る

大武ワールド!!

 

おすすめポイント

 「ヒナまつり」でおなじみの大武政夫の初期短編集。

 その独特でシュールな世界観と、突き抜けた究極のおとぼけた登場人物たち。輪郭がつかめそうでつかめない。不思議な魅力のある漫画です。

 アクのない憎めないキャラクターは、初期の作品からも十分に感じます。じわじわくる笑いと感動といえば、やっぱり大武政夫!!

 独特の笑いを未体験の方は、ご一読をおすすめします!

 

6.クリオの男/木葉功一(著) 

f:id:tonakaikun:20160924163212j:plain

画像出典:Amazon.co.jp

 

あらすじ

 クリオダイバー・矢堂一彦(やどう・いちひこ)は“物”が抱える“過去”に潜る男――。素手で触れたあらゆる“物”の過去の世界へと潜り込んでしまう矢堂は、骨董品や美術品などが持つジンクスの根源を探るクリオダイバー。「呪われた赤いメルセデス」「龍笛(りゅうてき)」「エメラルド・コルドバの緑」等々……、依頼人から引き受けた危険な仕事は、国境を越え、時空を超える。見逃せない!! 

 

過去依頼ダイブ

⇒一大スペクタクル

 

おすすめポイント

 独特の世界を描く木場功一の描く世界観は唯一無二!!

 モノが歩んできた歴史は、所有者がもつ歴史である。過去へとダイブできる主人公が、あらゆる世界へ、あらゆる時代へ時空を超えて冒険するスペクタクルストーリー。

 連作短編ですが、一話の内容がとても濃く、この一冊でかなりの満足感があります。木場功一の漫画は、どれも味があるのですが、特にこの作品は個人的に大好きな作品です。主人公もヒロインも素敵すぎます!!

 話も短編連作なので、とても読みやすく、初心者の方にもおすすめです。

 

7.夜とコンクリート/町田洋 (著) 

f:id:tonakaikun:20160924163925j:plain

 画像出典:Amazon.co.jp

 

あらすじ

 第17回文化庁メディア芸術祭マンガ部門新人賞受賞作「夏休みの町」を収録した、新しくて懐かしい魅惑の作家、町田洋の初期作品集! 眠れない建築士と建物の声を聴く男。丘の上の戦闘機とありふれた夏休み。君に会えない僕と屋上で見上げた空。夜とコンクリート。平坦な日常にある、もう一つの地平に見たことのない景色がある。町田洋の静かな世界がここに!

 

ファンタジーノスタルジー

=町田洋の世界観

 

おすすめポイント

 派手な漫画とは一線を画す、実に味わいの深い漫画作品です。いわゆる行間の取り方がうまく、登場人物の内面が丁寧に描かれています。

 淡く優しいストーリーは、まさに夢の世界のよう。ずっとずっと記憶に残るような、優しくて素敵な漫画です。おすすめです!!

 

8.虹ヶ原 ホログラフ/浅野 いにお  (著) 

f:id:tonakaikun:20160924164740j:plain

 画像出典:Amazon.co.jp

 

あらすじ

「虹ヶ原」という土地を舞台に、小学校の同級生たちの過去と今が交差する――。子どもたちのうわさ、トンネルの中の怪物、家族の秘密、蝶の異常発生……あらゆる糸が絡み合い織り成す、新世紀黙示録―

 

繊細な画力✖超難解ストーリー

未体験の浅野ワールド

 

おすすめポイント

ソラニン」でおなじみの浅野いにお氏が描く新世紀黙示録漫画です。

 多数の登場人物たちが絡み合う、摩訶不思議の異次元世界。解説不可能の超絶ストーリーと、その圧倒的な表現力に心を奪われます。

 その壮大なストーリーを一度体験して欲しいです。心にじわっと残る、不思議な余韻の残る名作漫画です。こんな漫画はなかなか味わえません。本棚に大切に置いておきたい名作漫画です。

 

9.志乃ちゃんは自分の名前が言えない/押見 修造  (著) 

f:id:tonakaikun:20160924170610j:plain

画像出典:Amazon.co.jp

 

あらすじ

"自分の名前が言えない"大島志乃。そんな彼女にも、高校に入って初めての友達が出来た。ぎこちなさ100%コミュニケーションが始まる。いつも後から遅れて浮かぶ、ぴったりな言葉。さて、青春は不器用なヤツにも光り輝くのか―

 

青春疾走焦燥

=押見流ガールズストーリー

 

 不器用でも、自分自身と向き合うことの大切さと、ご都合主義だけで進まない、リアルな青春ストーリー。

 作者自身の体験をベースに描かれるストーリーは、青春時代特有の誰もが共感する物語。胸が痛くなる場面の先に待つ、爽快な読後感をぜひ味わってほしい。そんなすてきな漫画です。志乃ちゃんにピンと来たら、ぜひ読んでみてください!

 

10.国民クイズ (全2巻)杉元伶一 (著), 加藤伸吉 (著)

f:id:tonakaikun:20160924172424j:plain

画像出典:Amazon.co.jp

 

あらすじ

 日本国憲法第12章 国民クイズ国民クイズの地位) 第104条 国民クイズは国権の最高機関であり、その決定は国権の最高意思、最高法規として、行政、立法、司法、その他あらゆるものに絶対、無制限に優先する。本憲法もその例外ではない―。

クイズに勝ち抜けばどんな願いもかなう!戦慄の国家意思決定システムが始まった!!

 

荒唐無稽な国家権力!?

クイズ権力

史上最大のクイズ大会!!

 

※1巻完結と言っておいてあれですが、この漫画だけはどうしても紹介したかったので、最後に紹介させていただきました。(上下巻で全2巻です。)

 

 おすすめポイント

  勝てば英雄、負ければ犯罪者!?

 「国民クイズ」という名のあり得ない刹那と歓喜、希望と絶望。

  狂気に満ちた世界で垣間見る、人間のエゴや欲望。最後に笑うのは誰なのか。

 見たこともないハチャメチャな世界観と驚きの結末は驚愕!?

 未読の方は、ぜひ読んでみてください!超名作漫画です。おすすめします!!

 

 以上で紹介を終わります。

 

記事を振り返ってみても、一巻で完結するおすすめ漫画は、ほんとに名作ぞろいだなぁ、とつくづく感じました。

まだまだ、おすすめ漫画はたくさんあるので、また機会があれば紹介していきたいと思います。ではまた―。