トナカイクラブ.com

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

トナカイクラブ~ボードゲームの管理人~

ボードゲーム、パーティゲーム・漫画・小説のおすすめを紹介します!

kindle Paperwhiteマンガモデル発売記念!歴代kindle比較まとめ【kindleの正しい選び方とは?ラインナップ5種を比べてみました】

電子端末

kindle新型32GB・漫画モデル新発売!歴代kindle比較とまとめ

 

みなさん「読書の秋」真っ只中ですが、なにか面白い本には出会えましたか?

ミステリー、ファンタジー、SF、歴史小説、恋愛小説などなどジャンルはいろいろありますが・・・。

f:id:tonakaikun:20161020234821j:plain

本を読みたいけど、毎日仕事で忙しくて、帰ってくるのも遅いし、本屋で探す気力もない。だけど、話題の新書はちょっと気になるし・・・。

  

そんなあなたにピッタリのアイテムこそ、電子書籍リーダーkindleです!!

 

kindleとは・・・

Amazon.comが販売する電子書籍リーダー、およびそれに関連するコンテンツ配信などの各種サービスのことです。(2007年11月に最初のモデルが発売されました。)

 

Kindleの基本的なコンセプトは、無線LANを通じて電子書籍などのコンテンツを端末にダウンロードできる電子書籍リーダーです。

 

コンテンツの購入は「Kindle Store」を通じて、電子書籍などが購入出来ます。またデータはPCなどを経由せず直接ダウンロード可能なので、わずらわしい手間は一切ありません。なので、気になる話題の本から、新刊の本、ベストセラー小説、漫画など、書店に出向かずとも、簡単に手間なく購入できます。

さらに購入済のコンテンツはいつでも再ダウンロード可能なので、容量を気にせず好きなものを購入できるというメリットもあります。

 

そして本日kindleのニューモデルである

kindle Paperwhite 32GBマンガモデルが販売になりました!!

(発売日:2016年10月21日)

そこで今回は、kindleニューモデル発売記念として、今買うならどのモデルが良いか、それぞれの特徴とおすすめポイントを紹介していきます!!

 

kindle新型・マンガモデル発売記念!歴代kindleまとめ

1.kindle

f:id:tonakaikun:20161020174010j:plain

画像出展:Amazon.co.jp

 

内容

こちらのkindleは、シンプルで安価な通常モデル。

現在、このモデルの価格は¥8,980と電子書籍リーダーとしては非常に安く手に入るので、コストパフォーマンスが非常に高い端末であると言えます。上位機種と比較すると、その解像度や容量にこそ違いはありますが、この価格で電子書籍のデバイスが手に入るとしたら、文句のつけようがありません。

ただ一点、バックライト非搭載なので、画面の明るさ調節はできませんので、購入の際はご注意ください。(要は、普通の本と同じ感覚で読むということですね。)

 

電子書籍のはじめの一歩に。

はじめて手に持った時の感動を

体験したいあなたにおすすめします。

 

明るい部屋でサクッと読む人におすすめの基本モデルです。電子書籍リーダーのはじめの一台として購入を検討されている方におすすめします。文庫本とほぼ同じ重さで、長時間の読書も苦になりません。はじめてのkindleを体験したい人におすすめです。

 

2.kindle Paperwhite

f:id:tonakaikun:20161020181216j:plain

 画像出展:Amazon.co.jp

 

内容

 こちらはkindleのバックライト搭載モデル。解像度は、高解像度の300ppiで小さな文字もくっきり綺麗です。読書以外の不要な機能は一切なく、読書に特化した電子端末です。kindleの中でも一番人気なのがこのモデルです。数千冊の小説を保存できるので、これさえあれば重たい書籍をたくさん運ぶ手間や、増えていく書籍の置き場所問題も解決できます。一度使えばその使いやすさと読みやすさに、二度と手放したくなくなる電子端末です。

 

辞書もWikipediaも搭載!

文字サイズも自由自在!

その使い勝手の良さは、

紙の本を超えたー

 

kindleとの大きな違いはやっぱり、バックライトがあるかないかの違いです。周りの環境に合わせて、明るさを調整しながら、あらゆるシーンに合わせて快適に読めるのがこのモデルの特徴です。外出先、室内、暗い場所等々、場所を選ばずに読めます。私もこのモデルをずっと愛用しています。長く使いたい人におすすめのモデルです。

 

3.kindle Voyage

f:id:tonakaikun:20161020181948j:plain

画像出展:Amazon.co.jp

 

内容

  こちらは、kindlePaperwhiteの上位版。その特徴として、kindlePaperwhiteよりもさらに軽くなった約180g。そして通常版kindleやkindlePaperwhiteとは違い、まわりの額と画面の段差がなくなったフラットモデルになっている。さらに自動明るさ調整機能付きで、どんな場面でも自動で読みやすいように明るさを調整してくれる親切設定になっている。また 物理(感圧センサー式)ページ送り+戻しボタン搭載で、読むときのストレスを最大限に抑えることに成功している。

 

 快適操作で本が読める

ストレスフリーの電子書籍端末

これさえあれば何もいらない

 

 まとめると、かゆいところに手が届く電子書籍リーダーで、これ一台でほかのデバイスが不要だと思わせるような、とても便利で使い勝手の良い電子書籍です。予算的に良いモデルの購入を検討している方におすすめの高級モデルです。

 

4.kindle Oasis

f:id:tonakaikun:20161020182145j:plain

画像出展:Amazon.co.jp

 

内容

Kindle史上、最も薄く、最も軽い。ボタンのひとつにいたるまで人間工学に基づいて刷新されたデザインで、長時間の読書もこれまでにないほど快適に。

Kindleシリーズ最長のバッテリー駆動時間。付属のバッテリー内蔵レザーカバーで、数か月充電不要!

300 ppiの高解像度で文字はくっきり美しく。明るい日差しの下でも光の反射を気にせず本物の紙のように読みやすくなっています。

目に優しい「フロントライト」がさらに進化し、LEDを60%多く使用し、さらにスクリーンの明るさが均一になっています。

 

 kindleの究極進化形

あらゆるバランスを考慮した

21世紀の電子書籍の極み。

 

 現状でこれ以上の電子書籍リーダーはこの世に存在しません。そう断言できるほど、あらゆる面で、快適に読めるように考えつくされた電子端末です。kindleの究極の進化を体験したいあなたは、kindleOasisをおすすめします。 

 

5.kindle Paperwhite 32GB マンガモデル(NEW)

f:id:tonakaikun:20161020182450j:plain

画像出展:Amazon.co.jp

 

内容

新発売のkindleマンガモデルのおすすめポイントを4つ紹介します!!

①ストレージ容量が8倍の32GBを搭載!

マンガなら約700冊、書籍なら数千冊を保存可能。マンガを思う存分お楽しみいただけます。これで、漫画も気軽の持ち運べるし、その置き場所問題も解決します!

②ページめくりのスピードが33パーセント向上!

「快速ページターン」でマンガのページめくりのスピードアップ。さらに「連続ページターン」機能は、画面を長押しすれば、ページが高速で切り替わるのでお気に入りのシーンまで簡単に飛ばし読みが可能です。

③ピンチ&ズームで拡大も簡単

小さい吹き出しや、細かな絵を見たい時は、ピンチ&ズームで簡単に拡大が可能。セリフが多いマンガや細やかな描写を楽しむのにぴったりです。

④見開きフルスクリーンビュー

ページ続きのシーンも見開きビューで、一画面に表示可能。見開きで表現された迫力のシーンも存分に楽しめます。

 

 あらゆる面で漫画を読むのに進化した、kindle Paperwhite 32GBマンガモデル!!

すべての漫画愛好家におすすめしたいスーパー進化形のkindleです!

  

 いかがでしたでしょうか?

この機会に、電子書籍デビューをしてみませんか?

f:id:tonakaikun:20161021072824j:plain

 

私自身、電子書籍端末はkindlePaperwhiteがデビューだったのですが、初めて持ったときの手触りと、手にしっくり収まるその心地よさに、感動したのを覚えています。

また電子書籍の一番良いところは、「使い勝手の良さ」だと思います。

店頭に並ばなくても良いし、話題の書籍だからと売り切れや品切れの心配もしなくて良いし、ボタン一つで気軽にサクッと買って読めるので、本好きにはこれほど価値のあるものは他にないといえるでしょう。

気になる本を見つけた次の瞬間にすぐに読めてしまうという、その異次元の「使い勝手の良さ」を未体験の方にはぜひおすすめします。

 

ニューモデルも発売し、小説のみならず漫画もどんどん読めるので、これからkindleの需要はますます高まるでしょう。

電子書籍が気になっている方は、ぜひ一度手に取って体験してみてください。未体験の感動がそこにはあります。

それではまた―